不動産を賃貸する

不動産売却時の手続き

トップ

不動産の賃貸物件を借りるには

不動産を借りる時に、即現金で支払う金銭的費用としては敷金と礼金と前家賃、仲介手数料があります。敷金は家賃の支払いが滞ったり、部屋に汚れや損傷を与えた場合を考慮して、次に借りる人の為に現状回復義務を担保するために預けるお金です。普通は家賃の2ヶ月分で退去時に戻ってきます。礼金は賃貸で借り主の貸主に対するお礼の意味のもので、売り手市場であった時代の名残で習慣化したものです。普通家賃の1ヶ月分です。前家賃は家賃が基本的に前払い制で契約時に翌月の家賃を納め、当月分の家賃は日割り計算して日数分を支払うことになります。仲介手数料は貸主の人が借主を募集する為に不動産会社に依頼し、契約が成立したら普通1ヶ月分の手数料を借主が収めます。

我が家を売る方法について

所有している不動産を手放すことは時としてあります。ずっと所有しているつもりだったのに、現金が必要になったり、転勤などやむを得ない事情で、引越しをしなければならない場合など、様々な理由があります。その場合、売る方法としてお勧めなのが、業者を通すことです。手数料はかかりますが、複雑な手続きを全て行ってくれるので、大変助かります。売却するのに時間がかかると思っていた物件でも、専門家に任せているので、意外と早く売却できたという話も聞きます。不動産会社の担当者とコミュニケーションを取ることも大切です。まかせっきりではなく、時々こちらの方からも連絡を取るようにしましょう。