おすすめの一括借り上げシステムの活用術

一括借り上げシステムとは、オーナーの持っている土地や建物を不動産管理会社がいったん借り上げてから、改めて入居者に貸し出すシステムのことを言い、賃貸経営を視野に入れている層などにとっては、メリットがある場合があります。一括借り上げのことをサブリースと言うこともあり、近年の不動産関連のサイトなどではこのシステムを活用した経営についても記述されているところが多いです。賃貸物件をそのまま全部を管理する会社が借り上げてくれるこのシステムを利用することでは、もしも空室が出ていた場合でも収入が保証されると謳われていることと、住宅の管理に対しても個人がするのではなく、委託先の管理会社に任すことができるという点などで、マンション経営を考えているオーナーにとっては、大きなメリットだとも言われていて人気もあります。

一括借り上げシステムを上手に活用して資産運用を検討する

低金利に備えて資産運用をしたい方の中には、土地建物を有効活用しながら利益を得たいと考えている方も多いものです。従来の場合ですと、不動産での経営は素人には難しかったり、入居者がなかなか埋まらない部屋がある場合には利益が上がらずオーナーさんの支出によって賃料分をまかなっていくことになってしまったり、そもそも土地建物を管理していくことが時間や人材面でも難しかったりと、不動産賃貸を考えるにあたってのハードルが高い面がありました。そういったデメリットなるべく無くして、スムーズに管理できることでオーナーさんの負担を減らす方法として、一括借り上げシステムを導入している不動産業者が近年では増えています。空いた土地を寝かしておくだけでも税金面やいろいろな支出がありますので、少しでも土地建物の利用価値があるのであれば、一括借り上げシステムをご検討することをお勧めします。

一括借り上げシステムは賃貸経営オーナーにとってメリットがある

マンションの管理を不動産の管理会社に任せる時には、一括借り上げと管理委託の方法があります。両者は、契約期間や手数料や空室発生時の契約項目などが若干違っています。部屋を人に貸す不動産経営では、賃料収入での利益を考えることになりますが、空室が発生した場合や、滞納が発生した場合などが一番困ることでもあります。けれどこのような場合でも、一括借り上げシステムですとオーナーさんに賃料は支払われますが、管理委託の場合だと賃料は支払われないのです。この点での家賃保証は、貸す側にとっても空室や家賃滞納に関してのリスク無しなのが大きなメリットだとされています。一括借り上げでの契約は、不動産業者と入居者との間で結ぶことになり、オーナーさんと入居者は直接的には情報が共有されることがないシステムで、オーナーは不動産業者に10から20パーセント程度の手数料を払うことで締結されます。