お得な一括借り上げシステムの使い方

近年投資の中でも非常に人気を得ているのが不動産投資です。不動産投資とはマンションやアパートなどの賃貸物件のオーナーとなり、家賃で収入を得る投資方法です。不動産投資は働かなくても中、長期的に家賃収入を得られることや不動産投資は株などの他の投資とは異なり、銀行から借り入れができることから一般的なサラリーマンや主婦などでも投資ができることから人気を得ています。しかしこうした不動産投資を行ううえで一番の難点は空室がでてしまった場合です。空室が出てしまえば想定していた家賃収入を得ることができないため、オーナーにとって空室こそもっとも大きなリスクと言っても過言ではないでしょう。しかしそんなリスクを回避するために一括借り上げシステムというものあります。不動産投資を行ううえで重要となる一括借り上げシステムについて説明します。

一括借り上げシステムとはどんなものか

賃貸物件を所有するオーナーにとって空室が出てしまうと家賃収入を得ることができないため、空室を割けるために家賃の値下げなどを考える場合もありますが、家賃は一度下げると値上げすることが非常に難しいため安易に値下げをすることはおすすめ出来ません。そんな中で安心であるのが一括借り上げシステムです。このシステムはオーナーが業者に全て部屋を貸出、さらの借りた業者が実際に入居する人を募集します。一括借り上げシステムは例え入居者が居ない場合であっても業者に貸出をおこなっているため、毎月決まった賃料を受け取ることが可能となるため空室というリスクを回避することができるのです。また空室のみならず、入居者が家賃を滞納してしまっている場合でもオーナーは業者から賃料を受け取ることができます。

一括借り上げシステムの上手な使い方とデメリットとは

賃貸物件を所有するオーナーは一括借り上げシステムを使うことで入居者の有無に関わらず決まった家賃収入を得ることが出来る他、物件の清掃や定期的なメンテナンス、入居者の募集や入居や退去に関わる全ての事柄に業者が対応してくれるため、非常に手間を省くことができます。他に仕事をしているため物件ばかりに手間や時間をかけている余裕がない人や、不動産投資自体が初めてでどのように物件の運用をおこなったらよいかわからないという人にとっては非常に安心なシステムとなります。しかし当然ながら業者を挟むことで、手数料がかかり、家賃の賃料がそのままオーナーに入ってはこないため家賃収入が減額されます。また契約期間ながかったとしても賃料の見直し期間もあり、賃料が減額されてしまう可能性があります。こうしたデメリットも考慮したうえで一括借り上げシステムを使うかどうか検討しましょう。