一括借り上げシステム活用のメリット

不動産のオーナーから不動産会社が土地や建物を借り上げて貸し出す仕組みを「一括借り上げシステム」といいます。オーナーとしては空室が保証されるうえに、日々の管理も任せられるのでおすすめです。入居者と直接契約をしないので、オーナーは管理会社とのやりとりとなります。管理会社の手数料を差し引き家賃の80~90%をオーナーが受け取ることができるしくみです。建物を貸し出す際には入居者との契約、審査、契約にまつわる事務作業、入退去時の立会い、建物の保守管理、原状回復など、細かく煩わしい手続きがたくさんあります。その点一括借り上げシステムを利用すれば全て管理会社におまかせできるので安心です。オーナーとしての収入も毎月決まった額となり、安定した賃貸経営ができます。確定申告の際も必要経費の算出も管理会社に任せられるので簡単です。

不動産一括借り上げシステムで安定した収入を

不動産を一括借り上げシステムで経営すると、直接の契約に比べて家賃収入は管理料を差し引かれるため少なくなります。しかし、物件の立地条件などで空室の心配があるのであれば、安定した家賃収入を得られる一括借り上げシステムのほうが安心です。収入が安定する分不動産の修繕やメンテナンスについても計画的な出費として盛り込むことが可能です。一括借り上げ契約を結ぶ際には、長期的な契約ができる借り上げ会社を見極めることが重要です。入居者の募集方法や運営方法など、長期にわたる契約が多い信頼できる会社を選びましょう。築年数が経過すると管理会社からの急激な家賃減額交渉などもあるため賃料の見直しまでの期間や管理会社からの突然の契約解除に困らない様、解約条件、工事やリフォーム費用の負担割合などについてもしっかり交渉しておきましょう。

不動産経営は一括借り上げシステムでスマートに

不動産経営のイメージでは、大家さんとして家賃を回収したり、建物の不具合を直したり、トラブルの対応をしたりといったイメージが強かった依然と比べ、て、今は一括借り上げシステムを利用する経営方法がスマートです。不動産管理に慣れている方であっても、大家さんが自分で業者を選定し、清掃やリフォーム、家賃保証などを受けるスタイルは、トラブル対応などを含めると24時間体制での管理ともいえるためなかなかハードです。一括借り上げシステムは、不動産に関する報告を受けるのみで、そういった細かな負担は一切考えなくてよいのが魅力です。これからの不動産経営は、管理運営と所有者の役目をきちんと分けて考えることおすすめです。専業での不動産経営ならまだしも、兼業で不動産経営を行う方も少なくありません。そういった方にとって、一括借り上げシステムはわずらわしさがないのでおすすめです。