不動産の所有計画

不動産所有時に入る保険

トップ / 不動産所有時に入る保険

不動産を所有するときの保険

マイホームなどの不動産を所有するときには、火災保険に加入する必要があります。これは法律で義務付けられていますので、マイホームを所有するからには支払わなければならない保険料なのだと覚えておきましょう。ただし、所有はしていても、実際に入居はせずに、賃貸住宅として貸し出すときには、その賃貸借契約による貸借人が入居者として火災保険に加入します。なお、不動産に対して、地震保険は義務付けられているわけでは、ありません。ですから地震保険は、入居者の任意です。法律による義務の保険と、入居者の任意の保険と、二種類あることを覚えておくと良いでしょう。

資産運用の動機について

不動産を所有したいという動機は人それぞれです。資産として持ちたいという人がいます。安心して生活したいからと言う人もいます。理由はそれぞれでも、高価な買い物です。安易に決めてしまうと、後々後悔する可能性があります。購入する時は、将来のライフスタイルを思い描き、しっかりとしたプランを立てるようにしましょう。住宅ローンを組む際は、より慎重さが必要です。給料の何割かは生涯に渡り、住宅ローンとして支払われます。失業した時や、働けなくなった時を想定しておくことが重要です。自分の不動産を手に入れるためにも、しっかり計画を練りましょう。