不動産売却時の査定

不動産の査定額の基準

トップ / 不動産の査定額の基準

購入する不動産について

中古マンションなどを購入する場合、出来るだけ綺麗な状態の物件を購入したいものです。不動産会社が紹介してくれる物件の中にはリフォーム済みといわれる物件もありますが、修繕を行なった時期がどの時期なのかにより、程度は代わります。一般的に売却するまえにお金をかけて綺麗にする事は有りませんので、その修繕と言うのは、売却を行う数年前に行われているケースが多いものです。そのため、購入する場合は、修繕済みといわれても、綺麗と言うよりも機能的に問題無く利用する事が出来ると言う状態になっていると考える事が大切です。中古の不動産を購入する時はその辺りの点をよく確認しておくことが大切です。

マンション売却時の経験

不動産でマンションを売りに出そうというとき、まずは家のなかを整理していき掃除をしていくことです。それはなぜかというと、査定時にはきれいな状態を保っているほうが、査定額に変化が出るからです。10年たっていても、きれいで痛みが少ない場合と、生活で掃除や手入れが行き届いてない場合とでは査定する側の見る位置が変わるからです。不動産売却時は査定終了し、買取の金額の提示があります。納得がいけば契約の運びとなり、売却が完了します。売却にあたり、退去もしなければならず、退去の期間の設定をします。マンションの登記簿や契約書類などは、業者に渡すことなります。