不動産売買の手順

不動産譲渡にかかる税金

トップ / 不動産譲渡にかかる税金

不動産を譲渡する時とは

不動産とは、土地や家やビルなどの建物など移動が容易でない物や個人や団体が所有している経済的価値のある財産の事を言います。そのため土地や建物などの資産を他人に譲り渡した時には譲渡税を払わなければならないのであります。その方法とは、まず年度末に行われる確定申告を行います。まず譲渡をした時にもらった申告書を提出をしましたら、納付書の用紙をもらい、自分自身で金額などを記入して、銀行や税務署などで税金を支払うのであります。また、土地や家などを譲渡した時の税金の計算は複雑であるため、税理士などに一度計算をしてもらいますと確実であります。このように不動産を譲り渡した時は、税金がかかります。

あなたの家を無料査定

家を買い換える時、売却する時、まず知りたいのはいくらで売れるのか、ということです。路線価など、公開されている情報からも、目安をつけることはできますが、立地や間取り、築年数といった個別の条件で、実際の売却価格は異なります。自分で不動産業者を探して依頼する場合、査定を信じて良いのか、もっと高く売れる可能性はないのか、依頼したらその業者で頼まなければならないのではないか、査定にお金がかかるのではないか、といった事が心配になる人は多いのではないでしょうか。そんな心配や、不動産業者を自分で探し、1つ1つ依頼する手間を省けるのが、インターネットの無料査定です。1度の入力で、数社の査定を依頼することも可能です。手間をかけずに、正当な査定を無料で受けることができます。