最新の一括借り上げシステムの特徴

一括借り上げシステムという単語を耳にした事はあるでしょうか。不動産経営をしている人、もしくはしようとしている人は、馴染みにある言葉かもしれません。もし一括借り上げシステムを利用しようと考えているのであれば、その仕組みとリスクについてきちんとした知識を身に着けておく必要があります。どんな事にも言えますが、物事にはメリットとデメリットがあります。多くはメリットばかりが強調され、デメリットが見えづらくなっているのが現状です。もちろん、そのメリットは本物です。しかしデメリットを考慮しておかないと、あとで大変な事が起きてしまうケースは否定できません。契約してから後悔するのでは遅いのです。失敗してしまえば、せっかくの事業が駄目になってしまいます。ですからしっかりとした知識を身に着けて頂く為に、一括借り上げシステムの仕組みとリスクについてお話ししていきます。

一括借り上げシステムの仕組みについて

一括借り上げシステムの仕組みは、わりと単純です。不動産会社が物件所有者から物件を一括で借り上げて、その上で入居者に転貸する事を指します。物件所有者から物件を一括借り上げする事をマスターリースと言います。また、借り上げた物件を入居者に貸す事をサブリースと言います。一括借り上げの契約期間は2年から最長10年となっており、長期契約が可能な事も魅力のひとつになっています。もちろん、入居者が払う家賃そのものが収入として入ってくるわけではありません。あくまでも家賃は不動産会社に入り、不動産会社は家賃から手数料を引いた額を支払ってくれます。手数料は大体10%から20%です。簡単に言えば、物件所有者は不動産会社に物件すべてを貸しているという事になりますね。仕組みがわかったところで、メリットとデメリットを確認していきましょう。

一括借り上げシステムのメリットとデメリット

まずはメリットを確認しましょう。不動産会社からは安定した収入が支払われます。これは空室があろうとなかろうと、無関係です。つまり、空室が増える事でやきもきする事も無く、一定の収入を得られるわけです。そして、入居者などの管理もすべてお任せなので、非常に楽になります。クレームなどの対応もしなくてすむようになります。最後は、確定申告が楽になるという事が挙げられます。ではデメリットを確認していきます。入居者を選ぶ事ができない為、どんな人が入居しているのか、知らない事になります。空室状況を知らない状態にもなります。また、安定した収入とはありますが、年月が経てば減っていきます。逆に、家賃相場が上がってきた場合も、収入が増える事はありません。最大のリスクは、一括借り上げをした会社が倒産する事です。これらのメリットやデメリットを考慮し、一括借り上げシステムを利用するかしないかを決めていきましょう。